この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する初めての実家

つれづれ


そして、2012年の年末に
うりちゃんを実家に連れて帰りました。



うりちゃんをお迎えしたこと、
家族には内緒にしていたので
当然ながらびっくりされました(笑)



うりちゃんも、ぽか~ん。







まだくちばしがオレンジ色で、
赤ちゃんの顔をしていますね(*^^*)


(ボタンインコは、くちばしの色が
成長とともに、オレンジ→ピンクへと
変わるのです)



初めての乾燥コーン!に
夢中になっているうりちゃんです♪











そこに弟がちょっかいを出すと…












必死の形相で威嚇するうりちゃん。
うりちゃんが人に慣れるまでは、
やはり時間が必要でした。


人間の手を異様に怖がってた。


何かがあって、
嫌な思いをしたのだと思います。


本やネットで
「インコが手に慣れる方法」を調べて、
それを片っ端からやってみたけど

全然効果がなくて。


あるときから諦めて、
もう好きにさせてあげようと
開き直ったのがよかったと思います。


好きなように、噛ませておきました。


血が出て痛いけど…!
何事もない素振りで、
「うりちゃん可愛いね、
今日も元気だね~!」
って声をかけ続けて。


そうしたら。



少しずつ、少しずつ



噛む力が弱くなって



甘噛みになっていったのです。


完全に手を怖がらなくなって
撫でられるまでには、
一年かかったけれど


毎日、少しずつ心の距離が
近くなっていくのがわかりました。



そういえば、
初めての実家で疲れちゃったのか


東京に戻ってきた夜に、
うりちゃんはわたしの足の甲で
寝たのです(笑)

もう、我慢できない~って感じで。

でも、くっつきたいっていう
気持ちも感じで。
人間の子供みたいですよね(*^^*)


わたしは足が動かせなくて
痺れてしまったんだよね(笑)


でも、それが初めてうりちゃんから
わたしに寄り添ってきた瞬間でした。

















この写真大好き(*^^*)




この記事のみを表示する更にさかのぼります

つれづれ




うりちゃんが家にきて、
一番初めに撮った写真がこちらです。









うりちゃん、生後一ヶ月です。



うりちゃんとの初めての出会は、
都内のペットショップでした。

会社の後輩ちゃんが
セキセイインコちゃんをお迎えしたお店に
一緒に行こうと誘ってくれて

その頃インコに興味を持ち始めていたわたしは
「見るだけ」という軽い気持ちでついて行ったのです。


そしたらそこに、うりちゃんがいました。


最初は、ひなたちの可愛さに見とれていたんだけど、
ふと見ると、一人だけゲージを分けられている子がいました。

ゲージの床にお尻をペタンとつけて
座っているのが可愛くて

店員さんに頼んで外に出してもらったんだけど、
その子は必死にわたしたちの手から逃げるのです。

人間を怖がってるんですよ、
と店員さんに教えてもいました。

その子は、ゲージに戻ってから、
わたしのことをずっと睨んでた。

その目が、わたしの心を掴んでしまったのです。


この子は、意思の強い子だって
感じました。
きっと、自分と気が合うだろうって。

それに、なんて綺麗な羽の色だろう。
瓜みたいにみずみずしいなと連想して
「うりちゃん」
って頭で呟いたら、しっくりときた。

その瞬間に気持ちは固まったのです。

「この子をお迎えしたいです」
とお願いしました。


すると店員さんから

「この子はご飯を食べることを
拒否してしまって、
それで立つ力もなくてお尻を床に
着けているんですよ。」
「ご飯が食べれるまで
こちらでなんとか頑張ってみます」

ということで、その日に連れて
帰ることはできませんでした。



それから祈るような気持ちで
うりちゃんを待ちました。
「どうか、ご飯を食べられる
ようになって家にきて」って。

一週間後…


ペットショップから連絡がきて、

2012年12月22日、無事にうりちゃんを
迎えられるようになったのです。




上の写真は、その日の写真です。







家にきてからも、かごの中から
いつもわたしを睨んでいました。

わたしが動く度にビクビクとして、
何かしてこないか、
様子を伺っているようでした。

わたしは毎日、
どんなときも話しかけていました。
「こわくないよ」
「大丈夫だよ」
「うりちゃん可愛いよ」って。


それから三日後くらいかな、
初めて鳴き声を聞いたのは。

「ピイ!」ってわたしに向かって
一生懸命鳴いて、可愛かったな。
主張してくれたことが
本当に、嬉しかったな。
昨日のことのように覚えてる。



この記事のみを表示する昔の写真

つれづれ


うりちゃんの写真を見返していたら、
昔の可愛い写真が出てきましたよ(^o^)






生後4ヶ月くらいのうりちゃんです。



顔があどけないのと、
頭の色が白いですね!








この頃うりちゃんは、お外に出たくて
ゲージの扉をガチャンガチャン、

常にやっていたので、
くちばしが擦れて黒くなっています(^o^;)



一度、脱走に成功したことがあったね~(笑)









もふん★☆



この記事のみを表示するクールなうりちゃん

つれづれ


うりちゃん「見て見て~!」










「じゃん!!!」









なかなか、いけてる写真でしょ?!








写真立てに入ってる写真は
相方さんに撮ってもらったんだよね♪

撮る人によっても、うりちゃんの表情は
また変化を見せてくれます。


わたしが撮るときは、
いつもわたしの顔を見ていたね。





相方さんが撮ると、








クールになるみたい(*^^*)



この記事のみを表示する律儀なうりちゃん

つれづれ

うりちゃん、
お年頃になってからは、

巣作りに夢中でした(^o^;)


発情期じゃなくても
つねに紙を求めていましたね。

うりちゃんが一番好きなのは
本や雑誌の表紙でした。
固くてかみごたえがあるからかな(笑)



壁紙もこの通り………









(^^;)(;^^)


ここにこられると、
手出しができません。










うりちゃん「とったどーー!!」



(/_;)/










そして、律儀に取った紙を
わたしのところに一度持ってきてから
かごの中へ持って帰ります(笑)



うりちゃん…
ほんと、いい表情してる(笑)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。