この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する悲しいお知らせ

つれづれ


うりちゃん、
白ボタンインコの女の子、3歳

2015年12月15日(火)午前9:00ごろ

亡くなりました。



突然のことでした。
早朝に、突然暴れて
嘔吐を繰り返したそうです。

病院が開く時間になったので、
連れ出そうとした矢先
大きく羽ばたいたのを最後に、
眠るように亡くなったそうです。
ずっと、相方さんが側にいて
撫でてくれました。

はっきりとした原因はわかりません。
何かを誤飲してしまったか、
何かの病気だったのか…

一人でいかせないでよかった。
それだけが救いです。


こんなにも、悲しくて、辛いのは
初めてです。
涙も、悲しみも、後悔も、
絶えることがありません。

「お互い、自分を責めることは
やめよう」って

相方さんと約束をしました。

翌日、丁重に火葬をしてもらい、
うりちゃんはお骨になりました。

心穏やかに、うりちゃんに
話しかけられるときもあれば、
泣きながら、思いが溢れてしまうときも
あります。

一日一日が、恐ろしくゆっくりに感じます。

うりちゃんと離れていた
この2週間のあいだに、
何年もが過ぎてしまったみたいです。


ふとした瞬間に、
絶望に押し潰されそうになり、
とても苦しいです。


うりちゃんは、最後まで一生懸命
がんばってくれました。
わがままを言わず、
お利口さんにわたしのことを
待っていてくれました。

相方さんにも、べったり甘えて、
たくさん遊んでもらいました。

うりちゃんの心の中に、
わたしと相方さんが居ました。
だから、さみしくなかったと思います。
そう信じています。

うりちゃんの思い出を大事に、
強く生きていこう。

そう頭ではわかっているけれど、
どうしようもなく寂しくなって
しまいます。


うりちゃん…
可愛くて、賢くて、優しくて。
気が強いけれど、甘えん坊で。
皆に愛されて、
わたしのことを精一杯愛してくれました。

「世界で一番可愛いよ」
「世界で一番大好きよ」って言うと

優しい目をしてわたしの目を
じっと見つめてくれました。


寂しさよりも、愛しい気持ちでいたい。

すぐには難しいけれど
少しずつそうなれたらいいと思います。


突然の悲しいお知らせとなり
ごめんなさい。


どうか、うりちゃんが心穏やかに
天国に羽ばたいていって、
次の新しい体を得て生まれ変われるように
祈っていただけると嬉しいです。


うりちゃん、
皆に可愛がってもらって
愛されて幸せでした。

ブログを通して、たくさんの方に
うりちゃんのことを知ってもらって
わたしも幸せです。


うりちゃんが私たちに残してくれた
たくさんの幸せに感謝です。



これからも、うりちゃんの可愛さを
ブログでつづっていきたいと思います。

まだまだ、可愛い写真がたくさん、
お伝えしきれていないエピソードも
たくさんあるのです。


落ち着いたらアップしますね!
うりちゃんも、わたしも、
しばらくの間、心と体を休めたいと思います。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。